”ダウ理論でチャートの見え方が大きく変わる”

このダウ理論はチャールズ・ダウさんが提唱した市場での値動きを評価するための理論です。

 

FXを始めると本やインターネットで必ず目にするのがこのダウ理論です。

なぜなら、このダウ理論を取り入れた手法はメチャクチャ機能するから。

ダウ理論を理解できていないあなたも、この記事を読みしっかり理解することで

 

チャートの見え方が必ず変わります!!

 

ここでは

  • そもそもダウ理論とは何なのか
  • ダウ理論を理解することでどのようにチャートが見えてくるのか
  • ダウ理論に基づいたトレンドとは?

を学習してもらうことで、FXのテクニカル分析の本質を理解していただける内容になっています。

 

 

 

 

記事を読む前に【応援ボタン】を押してくれるとめちゃくちゃ嬉しいです!!

⇓⇓⇓コレ


FX初心者ランキング

ちなみに、日本一のランキングサイトでこのブログは⇒今何位?

 

 

 

それでは始めて行きます。

 

ではまず、このダウ理論がなぜこれだけ機能するのか?

 

FXは多数決の世界です。

 

多くのトレーダーが上だと思い買いでエントリーすることで、レートは自然と上方向に向かい上昇トレンドが発生します!

このダウ理論を信じてトレードの判断材料にしている人は非常に多い。

その現実がダウ理論を機能させているのです!

 

こんなにも優位性の高いダウ理論を学ばないわけにはいかないですよね。

 

実際、ダウ理論は使いやすさと優位性の高さからトレードの判断に使用している人はたくさんいますが、

原理原則まで理解している方は多くいません!

 

なので、あなたにはここでダウ理論の原理原則をしかっり学んで頂き、他のトレーダーに差をつけて頂きます。

 

難しい言葉も出てきますが、すべて覚える必要は全くないので安心して最後までついてきてください!!

 

ダウ理論の概要をざっくり覚えて!

ここはなんとな~く『こんな感じかぁ』程度でいいです!

僕もウィキペディア見て書いてるんで(笑)

 

ダウ理論は6つの法則で構成されてます。

 

1、平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済指標や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

 

2、トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している

1主要トレンド:1年~数年のサイクル。

2二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。

3小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

 

3、主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

1先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

2追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

3利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

 

4、平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

 

5、トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。

 

6、トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

 

 

こんな感じです。

なんのこっちゃ?((-。-)y-゜゜゜ですよね(笑)

 

まぁ、要するに

「ファンダメンタル要素もチャートに織り込まれているから、ファンダメンタルで最低限のリスク管理さえ行っておけば、テクニカル分析だけで十分優位性の高いトレードができますよ!」

「トレンドは明確な転換の合図が出るまでは続きますよ!」

ってのが僕の解釈です(^^♪

 

あくまで僕にとって都合のいい解釈です。。

 

要するに「テクニカル分析を根拠にトレード行うことに対して自分が自信を持つことが大切」なんですね。

 

このあたりは後々あなたにも共感していただけると思っています。

 

で、この中でダウ理論を根拠に行う環境認識で、トレンドや目線を判断する根拠となるのが

『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』ってやつです。

 

次回は『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する』を根拠にチャートから今狙うべき方向を見極める方法を身につけていただきます!

 

 

 

【アンケート実施中】

アンケートに回答し、コメントを残すことを習慣化することで、アウトプットによる学習効率の向上につながります(^^♪

※他の方に不快感を与えるような内容のコメントはご遠慮くださいね!

 

 

【結果を見る】を押すと現在の統計と他の方のコメントが見れます。

定期的に見に来ることで、新たな気づきを得ることが出来るかもしれませんね!

 

 

 

学習用コンテンツブログの方では、僕のトレードスタイルや手法などを無料で詳しく解説しています!

自力で稼ぐ力を身に着けたい方、本気でFXを学びたい方のみ見に来てくださいね(^^♪

 

⇓⇓⇓今すぐチェック!!

 

 

 

『この記事、参考になったよ(^^♪』

 

って方だけでいいので、下記の【応援ボタン】を押してもらえると嬉しいです(^^

⇓⇓⇓コレ


FX初心者ランキング

 

 

それでは~(^^)/